キャッシング 事業拡大の資金

カードローンの学び舎

> 事業拡大に役立ったキャッシング

事業拡大に役立ったキャッシング

私は個人事業を行っています。
銀行などの金融機関から工場や事業運転資金を借りていますが、
事業を継続していると不足の資金が必要になることがあります。
そんな時に銀行に短期の資金融資を申し込んでも、最近では担保がないとお金を貸してもらえません。

仮に資金が調達できないと、事業は好況であっても資金ショートして倒産に追い込まれるか、
事業信用がなくなり、継続していくことが難しくなります。
今回、私も売上の回収が手形だったために、手形が換金できるまでの間は資金調達しなければならず、
こういったことは事業拡大の資金と同じことを意味しています。

資金調達の手段として

つまり、事業拡大は私にとっては売上先の拡大を意味するのですが、
取引先が増えれば増えるほど、手形決済が増えてしまうので、
その間は資金調達が必要なのですが、銀行がお金をかしてくれないことも多いので、
そんな時は消費者金融などからのキャッシングやカードローンで資金調達をして、しのいでいます。

一般的にキャッシングやカードローンの金利は高いのではないかとおもわれがちですが、
資金に余裕のある時は繰り上げ返済を細かくおこなっているので、
総支払額自体はかなり抑えられているのです。

ですから、私は、事業規模を拡大していくときには、
資金調達で銀行などから融資が受けれない時には、
キャッシングやカードローンを上手に使うようにしています。

生活費の面でも

また、生活していく上でも、このキャッシングやカードローンをうまく使うようにしています。
中には、短期間だったら、無利子のキャッシングやカードローンもあるので、
こういったものもうまく組み合わせると尚更金利負担も少なくて済むのです。

私の事業や生活の必需品になっているのがキャッシングやカードローンです。
これからもうまく使っていきたいと思っています。
おそらくキャッシングやカードローンがなかっらた倒産していたと思います。