カードローン借り換え

消費者金融の学び舎

> カードローン借り換えについて考える

カードローン借り換えについて考える

バブル経済が破たんをきたし、銀行の貸し渋りが激化したことにより、
多重債務者があふれかえっていたかつての日本で、金融ビッグバンと
呼ばれる大規模な金融政策の目玉となったのが、
多重債務者の救済措置である新しいシステムの導入でしたが、
今の時代もなおその名残は多重債務者にとっては貴重なよりどころと
なっている側面もあります。
それが、いわゆる「おまとめローン」などに代表される
「カードローン借り換え」のシステムです。

おまとめローンやカードローン借り換えは金利を低くできる

カードローンの借り換えの場合は、多重債務ではなくても
十分有効ではありますが、おまとめローンにしても
カードローン借り換えにしても、返済シミュレートのしやすさや
返済スケジュールの管理のしやすさなどといった表面的なメリットは
もちろんありますが、やはりその最大のメリットは、
「金利を安くすることができる」という点に集約されると言っても過言ではないでしょう。

ただし、気をつけなければならないのが、
これはあくまでも「金利が安くなる」のであって、
返済元金を少なく見積もってもらえるということではありませんので、
やはりこれは「何としてでも自力で返済完了してほしい」という
金融機関側の強い意志の表れのようなものも感じるという点です。

金利が安くなることで、返済総額も確かに小さくすることができますが、
その分で新たにローンを組んでカードローン借り換えの返済に充てる
といういささか信じがたい発想を持った人もいるようなので、
それだけはやめるべきです。
せっかくのカードローン借り換えなのですから、
この制度を有効に活用したいものです。