カードローンの取引解約について

カードローンの学び舎

> カードローンの取引解約について

カードローンの取引解約について

カードローンで利用するキャッシングの返済方式は、
ほぼすべて残高スライドリボルビング払いとなっています。
一部違うカードローンもあるのでカードローンお勧めで確認するよ良いでしょう。

これは、残債務額に応じて毎月の最低返済額(ミニマムペイメント)を決め、
あらかじめ設定されている利用限度額の範囲内で、
この返済を続けている限りは何度でもいくらでも借り入れや返済をしてもよいという方式です。
最低返済額は返済しやすい金額に設定されているため、返済はとても楽なのが特徴です。

自由度が高く、追加借り入れや繰り上げ償還をするときの
手続きや手数料がかかりませんので、一度カードローンに利用申し込みをしてしまえば、
あとはキャッシュカードのように便利に使うことができます。

完済しても解約されない

ただ、この返済方式ではカードローンに借金を全額返済しても解約はされません。
残高が0円の状態でカードローンとの契約は続いていますので、
しばらくすると新規借り入れの勧誘などがカードローンから来ることになりますし、
信用情報でも現在利用中の扱いになってしまいます。

完全にカードローンとの取引を解約したい場合には、
完済した後でその旨を連絡しなければなりません。
そうすると、後日契約終了や解約済みと書かれた契約書が送り返されます。
これで、そのカードローンとの取引はない状態になります。

なお、クレジットカード会社の場合には、会社側から一方的に解約されるケースもあります。
これは返済を何か月も怠った時などに行われ、
その後は追加借り入れがやクレジットカードの利用が全くできなくなります。
もちろん、借金はそのまま残っていますので、契約書も返還されませんし、
残っている借金は支払い義務が残っています。

解約が必要となるケースとは

カードローンの場合は解約手続きをすることはほとんどありませんが、
任意整理や特定調停などで、追加借り入れをできなくする代わりに新たに返済計画を立て直し、
毎月の負担を軽くすることがよくあります。

この場合、金利はつかないケースがほとんどですし、
ついても微々たるもので早目に完済できるようになっています。
完済すると新たな借り入れができるわけではなく、
やはり契約書が送られてきて、そこで解約となります。