カードローンの役割と使い方

カードローンの学び舎

> カードローンの役割と賢い使い方

カードローンの役割と賢い使い方

カードローンはお金が足りなくなったりしたときに利用する事で
ピンチを脱出できる便利なサービスです。
使いすぎたりすると、返済が大変になりますが、小口であれば
すぐに返済が可能なので有効に利用すると便利です。
実際に多くの方がカードローンを有効に活用しています。

完済しても枠を持っておく

一度カードローンを利用して完済した後なのですが、そのまま持っておくことが可能です。
どういうことかと言うと、例えば10万円くらいの借入枠を作っていた場合、
10万円まではいつでも利用できる状態という事です。
また急にお金が必要になった時にすぐに利用が可能です。カードを発行しているので、
コンビニでも利用が可能なので、ピンチの時でも対応できます。

カードローンを絶対使わないという場合

お金が足りなくなったりするケースはもう絶対にないので
カードローンを利用しないと言う人であれば、カードローンの取引を解約しておきましょう。
確かにそのまま持っていると、いつでも使える状態なので、メリットもありますが、
意思が弱い人だと使ってしまったりする可能性もあります。
完済したから自動で解約になっているわけではないので解約に関しては注意しましょう。